エドウィンとリーバイスの違いは?スリムテーパードのジーンズならどっちがオススメ?比較してみた

エドウィン?リーバイス?スリムテーパードを穿き比べた結果

エドウィンとリーバイスの違いは?スリムテーパードのジーンズならどっちがオススメ?比較してみた

エドウィンとリーバイスと言えば、比較的販売店も多く、買いやすいジーンズの定番ですよね!
色落ち加工したものから濃紺まで幅広い品揃えがあります。

今回はこのエドウィンとリーバイス、どっちのデニムが良いのかなどを比較していきたいと思います!
EDWINのED32と、Levisの511を穿き比べてみたお薦めのスリムテーパードを紹介したいと思います!

エドウィンのお薦めスリムテーパードはED32

エドウィンとリーバイスの違いは?スリムテーパードのジーンズならどっちがオススメ?比較してみた
※身長:185cm 胸囲:93cm ウエスト:79cm ヒップ:97cm 31インチ着用

【商品番号】ED32-166
【シリーズ】EDWIN E STANDARD
【価格】¥ 9,000(税込¥ 9,720)
【股上】浅め
【素材】綿 98%、ポリウレタン 2% 革ラベル:牛革
【原産国】日本

EDWIN E STANDARD ED32商品説明

世界に通用するスタンダードジーンズ “E STANDARD”コンパクトなウエスト回りと、美しいテーパードが特徴のシルエットです。
ワタリ・モモ回りに多少ゆとりを持ち、ヒザからスソにかけてテーパードしています。

デニム地は、ジーンズらしい金茶とベージュの二色の糸仕様を基調とし、ボタン・リベットはシルバー、革ラベルは質感の柔らかいヌバックを使用しています。

【E STANDARD とは】
EDWIN が1961 年の創業時から蓄積してきた品質・フィット・シルエットの理想形であり、新スタンダード ジーンズ。
EDWIN が誇る『Made in Japan』での物づくりを、グローバル展開することを目的に作り上げた新シリーズです。

あらゆる体系を研究し、長年蓄積したパターンを使用した多彩なフィットと、それぞれのフィットに適した素材を『EDWIN オリジナル』で各DENIM メーカーと共同で開発し、また、EDWIN ジーンズの特徴でもある、リアルなUsed 加工を施したジーンズを中心に、日本のみならず、世界に通用するEDWIN ジーンズのスタンダードでありながらハイクオリティーなジーンズを発信します。

何故EDWIN E STANDARD ED32がおすすめなのか

このエドウィンのED32が何故オススメなのかと言うと、単純に日本製だからとか、そういう事じゃないんです。
ED32は雑な色落ち加工ではなく、きちんとジーンズを穿いたうえでシワになる部分を計算して、ヒゲの色落ちなどが作られているんです!!

これ本当にヤバイです!!
実際に着用してみた画像がこちら

エドウィンとリーバイスの違いは?スリムテーパードのジーンズならどっちがオススメ?比較してみた

エドウィンとリーバイスの違いは?スリムテーパードのジーンズならどっちがオススメ?比較してみた

かなり自然ですよね!!
正直、ライトオンなどで気軽に何処でも買えるようなジーンズで、ここまで自然な色落ち加工のものは他にないと思います。

そしてとにかくエドウィンED32はシルエットが綺麗です!

リーバイスのお薦めスリムテーパードは511

エドウィンとリーバイスの違いは?スリムテーパードのジーンズならどっちがオススメ?比較してみた
※モデル身長182cm B84 W69 H92 着用サイズ:30

【素材】綿99% ポリウレタン1%(ラベル)牛革

138年の長い歴史の中で受け継がれてきたクラフトマンシップ溢れるディテールと、モダンで美しいシルエットを併せ持ったリーバイス史上最高のClassicシリーズが誕生。
オーセンティックながら最良のクラシックジーンズというポテンシャルの強さを伝えるコレクションに仕上がっている。

シルエットは、腰回りと股上に少しだけ余裕を持たせ、腰から足首にかけてスリムなストレート。

511 CLASSIC の特徴:

・ストレッチ性に優れた手持ち感のある柔らかなデニム
・高級感あふれるレザーパッチ
・腰回りをすっきり見せる細めのベルトループ
・フロントには60年代以前の特徴である補強用のVステッチ

公式ページより

エドウィンED32とリーバイス511の比較

色落ち加工を施したこのデニムを比べてみると、圧倒的に違うのはやはり色落ちの加工です!

こちらが先程も紹介した、エドウィンED32

エドウィンとリーバイスの違いは?スリムテーパードのジーンズならどっちがオススメ?比較してみた

そしてこちらが、リーバイス511

エドウィンとリーバイスの違いは?スリムテーパードのジーンズならどっちがオススメ?比較してみた

どうでしょう、圧倒的にエドウィンの方が色落ちが自然で、馴染んでますよね!?
実際に座ってつくシワと、色落ちがかなり合っています!!(体型にもよると思いますが・・・)

いかに自然な色落ち加工のデニムを穿くと考えると、この差はかなり大きいですよね!!

ストレッチの伸び方が全然違う

あとエドウィンED32と、リーバイス511の違いを紹介すると、それはストレッチのかかり方です。

ストレッチじゃないデニムは通常、綿100%です。
そこでエドウィンED32は、綿98%のポリウレタン2%です。

そしてリーバイス511は、綿99%のポリウレタン1%です。
こうやって数字だけ見ると、エドウィンの方がポリウレタンが2%入っているので、ストレッチが利いてそうですよね?

しかし、違うんです!!

エドウィンED32のストレッチは、もちろん利いているのですが、ストレッチデニムのマイナス要素である、ムダ伸びが一切ないんです!!
リーバイス511のストレッチは、穿いていれば穿いている程伸びてきて、穿き込んだストレッチデニム特有のクタクタ感、ダルダル感が出ます。

こうなってくると、スリムを選んだ意味もなければ、生地もヨレヨレです。

しかしエドウィンED32はある程度伸びますが、クタクタのヨレヨレにならないんです!!

エドウィンとリーバイスの違いは?スリムテーパードのジーンズならどっちがオススメ?比較してみた

まるでいかなる時も理性を保った紳士のように、その綺麗なシルエットを崩さないんです!!
この違いは、ジーンズを穿くうえでかなり大きいですよね!

今のジーンズは洗っても縮まないように、防縮加工されたものが多いです。
つまり、一度伸びてしまうと、洗ってもなかなか縮まないんです。

洗った後に乾燥機にぶち込めば縮みますが、リーバイス511は、それでも穿いていればすぐに伸び伸びになります。
それもあり、やっぱりエドウィンの方が質が良いのかな?上なのかな?と思ってしまいます。

エドウィンのインスタ画像

おはようございます🌞 明日から冬休みです⛄️ だんだんレポート課題が出てきて詰みそう…笑 YEEZY350Boost発表でましたね😎 年内最後は良い日となるか悪い日となるか… みなさんが買えたってpost楽しみにしてます☺️ 今日はインディゴコーデで🔵 デニムのMA-1気に入ってたのにAlpha×unitedallowsの別注が予約受付してて買おうか悩む… #ootd #outfit #コーデ #今日の服 #edwin #エドウィン #denim #デニム #MA1 #ABAHOUSE #アバハウス #knit #ニット #ボーダー #Americaneagle #アメリカンイーグル #unitedallows #ユナイテッドアローズ #BY #サイドゴアブーツ #ブーツ #goros #ゴローズ #Supreme #シュプリーム #RonHerman #ロンハーマン

ハットリ リョウタさん(@810ryo_gram)がシェアした投稿 –

エドウィンED32がとにかくオススメ!!

エドウィンとリーバイスの違いは?スリムテーパードのジーンズならどっちがオススメ?比較してみた

リジッドデニムや、セルビッジデニムが簡単に店頭で買えなくなっている今、一から穿き込んで色落ちをさせるのも大変ですよね。
そんな時に求められるのが、色落ち加工を施したデニムです。

どれもそれっぽく色落ち加工をしてるけど、リアルに穿き込んだ色落ちと比べたら全然違う・・・。
そう思ってなかなか手を出せなかったかもしれませんが、エドウィンED32は違います!!

かなりリアルで無理のない色落ち、そしてストレッチで穿きやすいのにシルエットが崩れない優れものでございます!!

デニムジプシーとして好みが見つからない人は、是非一度エドウィンのED32シリーズを試してみてくださいね♪
カラーは濃紺から中間色、アイスブルーからブラックデニムまで揃ってます!
 
 
【関連記事】

リーバイス511スリムストレッチの色落ちは!?評判のLevis511の着こなしや特徴を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です